結露を知って結露を防ごう 

結露はなぜ起こるのでしょう?

寒い日、電車に乗り込むとメガネが曇った、という現象を多くの方が経験していると思います。実は、
これも結露の一つです。では、気温や電車の空調、混雑の仕方によって曇り具合が違ってくるのは
なぜでしょう。結露は身近な現象ですが、そこには意外と複雑な仕組みが隠されています。


結露の仕組みをご説明します。

結露はどうやって発生するのでしょう。その原理を追ってみます。空気中に含まれる最大水蒸気量は、
温度が高いほど多くなり、温度が低いほど少なくなります。そして、ある温度の空気中に含まれる最大
水蒸気量に対して、その時点での実際の水蒸気量の割合を表したものを相対湿度(以下「湿度」)と
言います。従って、水蒸気量が一定でも、温度が変化すれば、湿度も変化するのです。
右のグラフをご覧下さい。温度が20度、相対湿度が60%の状態から、温度だけが15度に下がったとします。
すると、相対湿度は82%に上昇する事が解ります。(グラフA点)さらに下がって、湿度が100%を超えると、
空気中の水蒸気は水滴に姿を変えます。この時の温度を露点といい、この水滴が結露の正体です。

例えば、温度20度、湿度60%の空気の露点は12度(グラフB点)です。12度以下になると結露が発生
するわけです。
先ほどのメガネの例で考えてみましょう。電車の中の暖かい空気が、露点よりも冷たい温度のレンズに
触れた時に曇り始めます。また、空調や混雑の仕方によって水蒸気量が変化すると、露点も変化するので
同じ温度のレンズでも結露したり、結露しなかったりします。
住宅の結露も仕組みは同じです。お部屋の空気が露点よりも冷たい窓ガラスに触れると、ガラス面に結露が
発生します。また、お部屋の水蒸気量が変化すると、ろてんも変化するので、ガラス面の温度が同じでも、
結露したり、しなかったりするのです。もちろん水蒸気量が多いほど、露天が高くなり、結露しやすくなります。


結露が発生しやすい状態とは。

これまでのお話から考えると、住宅内部の水蒸気量を一定とした場合、暖房しているお部屋に比べて、
暖房していないお部屋の方が、また日中よりもお部屋の温度が低くなる明け方の方が湿度が上昇
するので、結露が発生しやすくなります。
さらに、お部屋の隅や出窓、厚いカーテンで覆われた窓など暖かさが行き渡らない場所も要注意。
また、暖房機器の種類、加湿器の使用、洗濯物などによる住宅内部の水蒸気量の変化も大きく影響します。


断熱ガラスは結露に強い。

窓ガラスの結露は窓際の空気が露点よりも冷たいガラスに触れる事で起こる現象です。断熱ガラスは、
一枚ガラスに比べて室内の暖かさを逃がしにくいうえ、外の冷たさも伝わりにくくなっているので、
ガラス面が冷えにくく結露の軽減に有効なのです。


                         お疲れ様でした。一服しましょう。